--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

迷子の王女さま

2008年12月16日 12:52

【スノーグース】
ポール・ギャリコ/著 矢川澄子/訳
スノーグース

表題作の「スノーグース」他、「小さな奇蹟」「ルドミーラ」が収録された一冊です。

ギャリコは「雪のひとひら」以来読んでいませんでしたが
最近その新装版が発売されたのがきっかけで、他の作品も読んでみようかなという気になり購入。

基本的に家にいるとき本はあまり読まないので
いつも大学へ行く途中の電車の中で少しずつ読み進めていっています。

ギャリコの作品は、「雪のひとひら」もそうでしたが
とても読みやすく書かれて(あるいは訳されて)いるので、比較的早く読み終えることができました。

とはいえ、物語の背景は決してシンプルなものではなく
第二次世界大戦の「ダンケルクの悲劇」や、戦災孤児に進駐軍など
当時の読者にとっては生々しい記憶を呼び覚ますものだったかもしれません。

一方で、スポーツ記者から作家へ転向し
無類の動物(特にネコ)好きだったギャリコの作品には、様々な動物が温かな眼差しで描かれています。

「スノーグース」では迷子の白い雁が、「小さな奇蹟」では荷役のロバ、そして「ルドミーラ」では小さな牝牛がそれぞれ活躍します。

そしてなにより読み終えたあと、幸せで満ち足りた温かい気持ちにしてくれる作品です。

興味のある方はぜひ!

                                STAY GARDEN   石動八束   
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。